シンプルで機能的な北欧家具

スウェーデン発の大型家具ショップであるIKEAが日本に出店し、じわじわと店舗数を増やしていることで、消費者の間での北欧家具の認知度は大幅に上がったように感じます。
おそらくそれまでは北欧家具というジャンルに対して関心を持つ消費者は決して多くなかったことでしょう。
しかしシンプルでスタイリッシュな家具や雑貨を多く取り扱うIKEAの存在によって、北欧家具を愛好する方が増えてきました。
外国の家具というと、日本人にとっては少々取っ付きにくいデザインや色使いが多いものです。
そんな中で北欧家具は日本人の感覚にも受け入れられやすい、シンプルでありながらもインテリア性が高い家具となっています。
そもそも北欧は温暖な気候の時期はとても短く、冬季になると深い雪と厳しい寒さに襲われる地域です。
その為年間を通して屋内で過ごす時間が長くなりがちで、もちろん家庭内での生活は日常の多くを占めることになります。
そうした過酷な環境から、北欧の方たちは家の中を快適に過ごす為の工夫に余念がありません。
長時間を過ごす家の中だからこそ、使いやすさの中にも時に遊び心を加えたインテリアを求めるようになったのです。
また、北欧家具はとても優れた耐久性が特徴です。
北欧家具にはチーク材やオーク材などの天然の木が使われていることが多いです。
北欧の天然木は厳しい寒さによって引き締まっており、とても高い耐久性を身に付けます。
その天然木を用いた家具は、自然の中で培われた力強さによって優れた耐久性を持つのです。
天然木を使用した家具の魅力には、年月を経る毎に育っていく「味」も挙げられます。
作られたばかりの若い家具に比べ、長い年月を人と共に過ごして使い込まれてきた家具には相応の貫録が出てきます。
しかしながら年代物の家具の貫録は決して家庭内の調和を乱すことなく、インテリアの一つとしてのアクセントになります。
こうした深い味が出るのも、優れた耐久性を持つ北欧家具ならではと言えるでしょう。
北欧家具はシンプル過ぎて馴染まないという意見を持っている方もいるでしょう。
確かにカラフルな色使いで奇抜なデザインをした近未来的な家具に比べると、北欧家具は魅力に欠けるように感じられるかもしれません。
しかしシンプルだからこそ備わった機能性と統一感を得ることが可能です。
家庭内の生活は日々続くもので、シンプルさと使いやすさは生活を豊かにしてくれる重要な要素となっています。
機能性とインテリア性の両方を兼ね揃えているのが、北欧家具の最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*